占い師のお仕事

占い師のお仕事に関する話をご紹介します。対面に限らず、さまざまな視点から占い師の仕事を考えます。

対面鑑定の話

本当の幸福を掴むための占い

本当の幸福とは多少遠まわりをしてでもベストパートナーを見つけることだと私は考えています。それは簡単なことではありません。誰でもいいや、と妥協するのではなく、本当に幸せになれるのか、とまずは見定めていく必要があります。
私自身よく鑑定時に恋愛相談を受けますが、その際には「片想いの相手に別の想い人がいるとき、相手に好かれるために今何ができるのか」ということをよく考えてほしいとお話しています。
対面鑑定を受けていると、よく「いつごろ恋人ができますか?」という相談をうけます。
私が行っている鑑定は相談者の運気を見るものであって、恋人のできるタイミングをはかるものではありません。確かに出会う時期というのも読めはしますが、それであなたが何も行動を起こさずにいたら、結局ベストパートナーとはすれ違って終わるかもしれません。
片想いというのは恋愛につなぐ事前準備のようなものだと思います。まずは周りに振り回されることなく、自分の理想像をしっかりと持ってほしいと思います。そして理想像の方に最高の自分を見せられるように日々心がけてほしいと思います。
対面鑑定ではあくまでもあなたの協力をするものであり、あなたに幸せを提供するものではないと考えています。
私は運命を読んでいるだけで、運命は常に選択できる状態にあります。あなたの判断によって日々変化していくものなのです。

鑑定中の除霊

ごくたまに…というレベルですが、鑑定しに来たお客様の中に除霊が必要なお客様がいらっしゃいます。そういった場合は特に何も告げずに鑑定中にそっと除霊を済ませてしまうということがほとんどです。中には自ら除霊をしてほしいと来店される方もいらっしゃいますが、そういった例はごく稀です。
これは占い師や所属先によって異なるのでしょうけど、私の場合除霊をするからといって鑑定代以外の割増料金を請求するということはありません。こっそり除霊してから除霊代を請求なんてもってのほかです。ただ除霊をしっかりやるとなった場合、それなりに時間もかかってしまうので、時間の長いコース、もしくは延長料が発生することはあるかと思うので、お金に余裕のある方以外はあまりお勧めできないかもしれません。
占い師の中には除霊ができない方もいるので注意しましょう。私自身はどちらかというと鈍感なタイプで、たまに例をお持ち帰りしても「あれ、なんか調子悪いかな?」位にしか思わず、1週間くらいそのまま憑依された状態で全く気付かない、なんてことも(笑)
とりあえずそんな風にあれ、調子悪い?と思うことがあれば、まず占いで見てもらってもいいかもしれませんね。